レッスン制度
  • TOP
  • 麗タレントプロモーションとは?
  • 所属タレント
  • 出演情報
  • レッスン制度
  • ショッピング
  • 法人の方

プロフィール

長沢 大
名前 長沢 大
ふりがな ながさわ だい
科目 ふれあい演劇クラブ

経歴

【経歴】
文学座を経て劇団NLT第1期生。長沢演劇グループを25年以上にわたり主宰しタモト清嵐(俳優)菊池真之(俳優)新タ悦男(アナウンサー)など多くの若手を輩出する。
【主な芸暦】
≪ドラマ≫
TBS「あなたはいない」主人公良平役ドラマデビュー
TBS「ナッキーはつむじ風」権堂先生役
C X「金メダルへのターン」権堂先生役
NHK「元禄太平記」赤垣源造役
NHK「徳川家康」馬場美濃守役
NHK「葵」保科正光役
≪映画≫
東宝「王将」監督:堀川弘通、主演勝新太郎と共演
東宝「春琴抄」監督:西河克己、主演山口百恵と共演
≪舞台≫
舞台「マカロニ金融」では共演者黒柳徹子氏・森雅之氏と共演、芸術祭最優秀賞舞台成果受賞

【カリキュラム】
表現者(演者・タレント)としての基礎をしっかりと行い、将来は業界で生き抜いていくだけの基盤を身に付ける為のカリキュラムです。基盤のない者に付け焼刃の稽古をしても見抜かれてしまう業界であり、現場では自己表現能力やセルフプロデュース力も求められております。
一年間で表現者としての”基礎力(演技よ自己表現)”を修得してもらいます。

演者としての自己啓発
オーディションなどに合格すれば、知名度のある芸能人の仕事とかわりません。人それぞれ立場や目的は違うかもしれませんが、役者・タレントの世界で生きていくためにはどのような心構えや意識を持つべきか。本講座を学ぶことによって、役付きの仕事が取れるような思考力がつき、演技を学ぶ必要性や仕事の本質が理解できるようになります。

滑舌・発声の大切さ(自己表現)
自分を表現したり、相手に何かを伝えたりするには発声が基本になります。役者やタレントにとって滑舌・発声は絶対に必要な事です。

台本の読み解き方
俳優の基本は台本や脚本を読むことから始まります。番組出演やドラマ・映画出演の際に台本を読み解くことが最も重要なもの。台本に描かれている環境や人物像を読み解き、役になりきる方法を勉強します。

撮影現場対応力
作品を作るに当たり、役者はどのような役割を求められ、また、果たしていくのか。撮影現場での対応力を身につけます。

即興劇(アドリブ)
俳優としての判断力・直観力をトレーニングしていきます。現場は生き物と一緒です。現場ごとに求められるものも違います。場の空気を読み、監督(演出家)が求めること、又、共演する俳優が求めることを互いに理解しながら演ずることを学びます。

自己表現・コミュニケーション
芸能界は人と人とのつながりを重んじる世界。この業界で生きていくためにはコミュニケーション力と自己表現力は欠かせないものです。この力は今後のオーディションや面接などで発揮されます。

一覧へ戻る ページのTOPへ戻る