芸能部
RECgbv
  • スクールTOP
  • お申込み 資料請求
  • 理念・原則
  • クラス構成 芸能部
  • クラス概要

レイプロ エンタテインメント カレッジにする理由

1.プロダクション直結のカレッジ
様々なタレント養成事務所はありますが、そのカレッジ卒業後にそのプロダクションへ所属する養成所は極少数しかありません。
それはプロダクション(=タレントのマネージメント)と養成所(=タレント育成)が直結していないためです。
レイプロエンタテインメントカレッジ(REC)では育成からマネージメントまでをスムーズに連動できるようにプロダクションマネージメント事務所と同ビルにレッスン場を完備し、一括管理を行っています。
その為研修しなから実際の撮影現場にも出演できるカリキュラム「学びながら出演し、出演しながら学ぶ」が実現できる環境です。

レイプロエンタテインメントカレッジと他のスクールの比較

2.最大限のコストダウン
タレント養成所の入所にあたり、最大の悩みが入所金や授業料などのコストの問題と考え、最大限のコストカットに着手しています。 養成所の本質は施設や設備ではなく、優秀な講師、高水準の授業、そしてマネージメント環境だと考えています。
当カレッジは余分な設備・施設のカットにより低コストを実現しています。

3.少数精鋭の個別授業方式
当カレッジの目的は^研修生育成後のマネージメント^である。限られた時間・期間で行うにあたり研修人数を少数に設定。大規模な養成所とは一線を画す実力主義育成所を実施。

4.現役業界関係者の講師
当カレッジのレッスンカリキュラムの特徴の一つに「特別授業」があります。 
エンタテインメント業界の最前線で活躍中の現役関係者を講師に迎え、研修生でいながら学ぶだけではない付加価値があります。

スクール理念

『至高の表現者を作る』
タレントとは才能や技能を表す言葉である、現在は職業としてテレビやラジオなどマスメディアに出演している人を総称してタレント(=芸能人)と呼んでいます。
昨今では各分野の垣根が取り払われて、求められているのは“多彩な表現者”であり、“フェッショナルな表現者”である。当カレッジでは様々な分野でのプロフェッショナルを講師に向かえ、現在業界で求められているタレント(=多彩な表現者のプロ)を育成・マネージメントしていくことを目的として理念とおきます。

3Dの精神

三大原則(3Dの精神)
当カレッジでは、夢を持ち、日々の生活に発見を見出す感性を磨き、全ての物事に対し喜びを見出せる人間力を育んでいただきます。
エンタテインメントとは人々に夢を与え、常に新しいものを表現し、喜びを与えてゆくものであり、皆様はここで育まれた精神を、今度は皆様から世界へ届けて頂きたいと願っております。

お申込みはこちらから
資料請求はこちらから
電話で応募する

ページのTOPへ戻る